R260ロードフェスタ
R260ロードフェスタ
 

伊勢志摩スカイラインヒルクライムレース


【重要】第5回伊勢志摩スカイラインヒルクライムレースにエントリーされている皆様へ

この度は第5回伊勢志摩スカイラインヒルクライムレースにエントリー頂き誠にありがとうございました。

レースは7月29日(日)に予定しておりますが、先日25日(水)に台風12号の発生が気象庁より発表となりました。
事務局では、発生後より進路予報を確認しながら開催について議論しておりましたが、現状の予報進路を考慮した結果、誠に残念ではございますが、レースは中止と判断させていただきました。

29日(日)の午前3時には近畿地方に抜ける予報(27日12時現在)となっておりますが、皆様が現地入り、または移動されるであろう時間帯に三重県に台風が接近しているであろう事、台風が通り過ぎた後も暴風雨による被害が懸念される事、周辺道路の通行止め被害が懸念される事などを踏まえまして、断腸の思いではございますが、レース中止の判断とさせていただきます。

エントリーしてくださった皆様には、すでにご入金をしていただいていると思いますが、大会ホームページの規約にも記載の通り、恐れながらお申込後の参加料の返金はできかねますのでご了承くださいませ。

エントリーしてくださった皆様には、後日事務局より大会パンフレット、ゼッケン、をお送りさせていただきます。またそちらに、今回は残念ながら大会中止となってしまいましたので、志摩の特産品も同封させていただきます。ぜひご賞味くださいませ。

伊勢志摩スカイラインヒルクライムレースは来年以降も開催を予定しております。
今回は残念ながら皆様にご参加いただく事ができませんでしたが、また来年皆様に伊勢志摩でお会いできます事をスタッフ一同楽しみにしております。

最後になりますが、皆様のご自宅、周辺などに台風の被害が出ない事を祈っております。
また、何かご不明な点などございましたら、事務局までご連絡くださいませ。

伊勢志摩スカイラインヒルクライムレース事務局
(一社)志摩スポーツコミッション
tel:0599-44-4450





【重要】第5回伊勢志摩スカイラインヒルクライムレースにエントリーされている皆様へ

この度は第5回伊勢志摩スカイラインヒルクライムレースにエントリー頂き誠にありがとうございました。

レースは7月29日(日)に予定しておりますが、先日25日(水)に台風12号の発生が気象庁より発表となりました。
事務局では、発生後より進路予報を確認しながら開催について議論しておりましたが、現状の予報進路を考慮した結果、誠に残念ではございますが、レースは中止と判断させていただきました。

29日(日)の午前3時には近畿地方に抜ける予報(27日12時現在)となっておりますが、皆様が現地入り、または移動されるであろう時間帯に三重県に台風が接近しているであろう事、台風が通り過ぎた後も暴風雨による被害が懸念される事、周辺道路の通行止め被害が懸念される事などを踏まえまして、断腸の思いではございますが、レース中止の判断とさせていただきます。

エントリーしてくださった皆様には、すでにご入金をしていただいていると思いますが、大会ホームページの規約にも記載の通り、恐れながらお申込後の参加料の返金はできかねますのでご了承くださいませ。

エントリーしてくださった皆様には、後日事務局より大会パンフレット、ゼッケン、をお送りさせていただきます。またそちらに、今回は残念ながら大会中止となってしまいましたので、志摩の特産品も同封させていただきます。ぜひご賞味くださいませ。

伊勢志摩スカイラインヒルクライムレースは来年以降も開催を予定しております。
今回は残念ながら皆様にご参加いただく事ができませんでしたが、また来年皆様に伊勢志摩でお会いできます事をスタッフ一同楽しみにしております。

最後になりますが、皆様のご自宅、周辺などに台風の被害が出ない事を祈っております。
また、何かご不明な点などございましたら、事務局までご連絡くださいませ。

伊勢志摩スカイラインヒルクライムレース事務局
(一社)志摩スポーツコミッション
tel:0599-44-4450


開催日:2018年7月29日(日)

鳥羽ステージスタート地点



鳥羽ステージスタート直後



鳥羽ステージビューポイント



レース後の山頂の様子



第5回伊勢志摩スカイラインヒルクライムレース大会趣旨

世界に誇れる自然環境の良さや、その恩恵を受けている食や 文化伝統などの素晴らしさを大会を通じて全国・世界へ発信 すること。
そして人々の関心を三重県に集め、より多くの人々 が三重県を訪れてくれることを目指します。
また、エコで健康的な乗り物としての自転車への関心を高め ることで、自然環境や健康への意識の向上につなげ、自然を 優先した交通網の整備や交通安全への取り組みの足掛かりに つなげていきます。


観戦者用割引通行券はこちらからどうぞ





規約

◎競技について◎
■ヒルクライム
①エリート、スポーツ、ビギナー、レディースのカテゴリー別に行います。
②順位は、ゴール順位優劣により3位まで決定します。


◎競技規則◎
①競技規則および競技運営・管理上の規定を厳守してください。

②競技は、計測タグは使用しません。よって1位のみタイム計測とします。  
4位以下の成績は表示されませんのでご注意ください。

③レースはスタート地点からのカテゴリ別のスタートです。
スタート地点ではカテゴリー別に整列しますので、係員の指示に従ってください。

④競技中、参加者は他の参加者を追い抜く場合、原則的に右側から追い抜くものとします。 (通常キープレフト)

⑤コース走行中、自分の走行ラインを斜めに変更する場合、必ず変更する側の後方確認を行い安全であるか確認することを義務付けます。 (大会関係車両が通行します)

⑥競技中、審判委員および医務員から競技の中止を指示された場合のほか、先頭走者からある一定の距離もしくは 時間が経過した選手は競技を中止し、速やかにコースアウトしてください。その他、割り込みや斜行などの走路妨害、他の競技者を押すなどの危険な行為をした者はコース上から除外します。

⑦競技参加者は競技役員の指示に従ってください。

⑧大会開催中、参加者自身の自転車および貴重品等は、各自の責任において管理してください。


◎表彰について◎
■カテゴリー別順位賞
●各カテゴリーの表彰対象別に1~3位まで表彰  


◎お申込のご注意◎
■18歳未満(2018/7/29時点)での参加者は保護者の同意を必要とします。   


◎キャンセルについて◎
キャンセルの受付はいたしません。お申込後は参加料の返金ができませんのでご了承下さい。


◎宿泊のご案内◎
■宿泊を希望される方は直接下記へお問合せ下さい。
伊勢市観光協会 
HP:http://www.ise-kanko.jp/stay/index.html
TEL:0596-28-3705
FAX : 0596-27-1049

鳥羽市観光協会 
HP:http://www.toba.gr.jp/stay.php 
TEL: 0599-25-3019 
FAX:0599-25-6358


◎車両規定◎
1.参加者が使用できる自転車は、フリー式とし、前後ブレーキは完全なものとします。
2.使用する自転車は、高速走行に耐える強度を備え、よく整備された自転車である事を義務付けます。
3.トライアスロンバー、DHバー、アタッチメントバーの使用は認められません
4.フラットハンドルバーのエンドバーは認めます。
5.1本足スタンドは必ず外して走行して下さい。
6.電動アシスト付自転車は出場できません。


◎競技中の禁止事項◎
■走行中の携帯電話の使用
■携帯プレーヤー、ラジカセ等で音楽を聴きながらの走行
■片手運転でのビデオおよび写真撮影



☆大会開催の中止・変更について
原則として雨天決行ですが、台風や地震などの天災、または天変地異により中止・変更する場合があります。
※上記理由により大会開催が不可能になり、中止となった場合は参加料の返金はできません。予めご了承下さい。


☆自転車の整備・点検について
大会当日、会場での検車は行いませんので、各自が責任をもって自転車の整備を行って下さい。整備不良の自転車では出場できません。


☆ヘルメット・プロテクターについて
自転車レースは危険を伴います。安全のためにJCF公認のヘルメットを必ず着用して下さい。 グローブやサングラス、サイクルウエア、ひじひざを守るプロテクターも必要に応じて着用することをお勧めします。


☆スポーツ傷害保険について
参加者全員を対象に傷害保険(通院日数X、入院日数X、死亡後遺障害580万円)に加入しています。 この補償内容で不十分な方は、各自で別途加入して下さい。


☆観戦について
コースへの進入は通行券が必要です。ただし、頂上への通行はレース開始前とします。
観戦される方は通行券をお求め下さい。 (スカイラインは自転車での乗り入れ・進入は禁止です)
観戦者用割引通行券はこちらからどうぞ


☆ドローン撮影について
当日は、ドローンを使った撮影を行います。
それに伴い事前に参加者の皆様や観戦者の皆様には、
ご理解とご了承を頂きますよう宜しくお願い致します。


協力
三重県観光開発株式会社
(同)アイデアコレクション


主催
伊勢志摩スカイラインヒルクライムレース大会実行委員会


お問合せ先

伊勢志摩スカイラインヒルクライムレース大会実行委員会 (事務局 志摩スポーツコミッション内)
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方3127-2 ボナール館2F
TEL(0599)44-4450 FAX(0599)44-4460
E-mail:information@shima-sc.or.jp




TOP   TOUR DE MIE   ENTRY   RESULT   CONTACT
    ツールド三重とは       2017    
  年間ランキング     2016    
  偉大なTRY     2015    
  実行委員会     2014    
          2013    
            2012    
            2011    





Copyright (C) TOUR DE MIE実行委員会. All Rights Reserved.